Going+(ゴーイングプラス)の効果を調査!購入者が語る驚きの真実

ゴーイングプラスに興味があるんだけど、本当に効果があるんだろうか…?

精力剤ってたくさんありますし、中には効かないっていうものもあって何を選んでいいか分からないところがありますよね。

そんな中でゴーイングプラスっていうのが特に気になったんだけど、購入前にもう一度よく調べて納得した上で購入したい!てあなたは思ってるかもしれません。

結論から言うとゴーイングプラスの効果は確かにあります!

その理由を私自身も興味を持って調べていたので、この機会にご興味のある方にも参考になるようにお伝えしたいと思います。

この記事を読んでいただくことで、ゴーイングプラスの効果があるかどうかの判断がつきます。それによってあなた自身が納得した上で購入することができるでしょう。

なぜ男性ホルモンが失われると精力が減退するのか

精力が減退する主な原因として男性ホルモンの低下が一般的に言われています。

筋肉がすっかり落ちて男らしさを失った体、動くとすぐに疲れを感じたり、どうもやる気というか気力が湧いてこない…

これはテストステロンという男性ホルモンの低下が原因なのです。

テストステロンとは男性ホルモンの9割を占める物質と言われており、屈強な筋肉、強く逞しい男の肉体をつくるために欠かせないホルモンなのです。

またこのテストステロンは約95%が精巣の中で、残る5%が副腎で合成・分泌されていると言われています。以下のようなお悩みを抱えてませんか?

  • 不眠や肩こり
  • イライラしやすい
  • 以前より内向的になった
  • 性的な欲求の低下
  • お腹周りの脂肪
  • 活力が減退
  • やる気が出ない
  • 持続力の低下
  • 精神的な不調
  • 体が疲れやすい
  • 精子の量が激減

テストステロンはサプリメントにより補給することが可能です。分泌量を促してくれる成分が配合されているものを選ぶことが重要です。

私がこれまで調べた限りではゴーイングプラスにはテストステロンの分泌量を増やしてくれる成分が含まれているので、十分に効果があるとお伝えしたのはそのためです。

男性の活力に必要な成分とは?

男としての活力を取り戻したい場合、そのカギとなるのは男性ホルモンの一種であるテストステロンだということをこれまでお伝えしてきました。

ではそのテストステロンの分泌量を促すにはどのような成分を体に取り込んでいく必要があるのでしょうか。

ゴーイングプラスにはテストステロンの分泌を促すための成分が多く含まれていますが、その内容を詳細にご紹介していきます。

トンカットアリ

トンカットアリとは、インドネシアやマレーシアの低地森林に自生する植物のことです。

トンカットアリは成長が遅く、15㎝成長するのになんと10年も掛かるとのことです。

トンカットアリのどの部分を使用するかというと主に木の幹や根っこのあたりからエキスを抽出します。これがサプリメントの原料となるわけです。

トンカットアリのテストステロンにおける関係として、あるマウスを用いた実験ですが、トンカットアリを1週間服用し続けたらテストステロンが480%増加したとのことです。

これはあくまでもマウスの実験による検証ではありますが、一部研究者によると朝鮮人参の5倍の効果があり疲労回復・免疫力向上・男性機能強化といった活性にサプリメントレベルで影響を与えるとの報告がされています。

人における影響がはっきりと証明されているとは言い切れないようですが、トンカットアリはバイアグラのように性行動の30分前に服用しないといけないとか、心臓や循環器系に負担を掛けることから人によっては使用できないというリスクも限りなく低いようです。

トンカットアリを成分として含まれている製品は体への負担を考慮して作られているという視点でも見ることができるようです。

ムイラプアマ

ムイラプアマとは、ブラジル南米の熱帯雨林に生息するボロボロノキ科に属するハーブです。

根っこと樹皮が主に頻繁に使用されることが多く、根っこと茎の部分が医薬品や強壮剤として使われています。

またムイラパマは使用できない部位がなく、根っこから葉っぱまでの全てを薬草として使用できるので、特に根っこに関しては男性機能の向上に効果があると医薬品の登録までされています。

ムイラプアマとテストステロンの関係ですが、フランスでインポテンツの治療における興味深い実験が行われていました。

実験の結果によると、テストステロンが欠乏した時の症状として現れる性的無力感や疲労感に関連する性的不全に対して、約70%の男性が性衝動が強化されたという報告があったそうです。

肉体的エネルギー・スタミナが増加した一方で全体的に疲労が減少し、睡眠パターンにも改善して活力を取り戻すことができたということのようです。

マカ

マカという成分は言わずと知れた男性機能を向上させる上で欠かすことのできない成分です。

そんなマカですが、南米ペルーのアンデス山脈に自生する根菜の一種で、アブラナ科の植物で大根やカブと同じ種類であることはほとんどの方が知らないのではないでしょうか。

マカの主な成分としてはアルギニンがありますが、その他では9種類の必須アミノ酸を加えた18種類のアミノ酸を始めとして、鉄・カルシウム・亜鉛などのミネラル・食物繊維・ビタミンなどバランスよく配合されています。

マカとテストステロンの関係ですが、まだ明確な根拠があるわけではありませんがマカを接種するとテストステロンの値が上昇すると期待されています。

ただマカそのものは性欲や生殖機能を高める機能があり、更年期症状の軽減や前立腺肥大症の改善など、様々な効能があると、動物実験レベルではありますが効果が報告されています。

何より安全面に関しては、一般的に言われている用量を守れば基本的に安全というところは、精力剤において副作用を心配する方にとっては安心材料になると思います。

カツアーバ

カツアーバとは、ブラジル北東部、アマゾン川流域などに自生する植物で、高さ2mから4m程度の低木で、主に樹皮が使用されます。

ブラジルの先住民がカツアーバの効果に着目し、非常に強い強精効果があると言われています。

カツアーバの注目すべきところは、HIVをはじめとしたウイルスの繁殖を抑える働きがあると期待されているところです。

カツアーバの主な成分としては、カツアビンA・カツアビンB・カツアビンCです。

これらの成分が中枢神経に作用して勃起を促し、性欲を高めることが分かっています。

他にはダイエットへの効果が期待できる食物繊維・タンニン、コレステロールの上昇を抑えるふぃとステロール、気分をほぐしてくれるセスキテルペン・フラボノイドなどが含まれています。

カツアーバとテストステロンの関係ですが、私が調べた限りでは情報を得ることができませんでした。

高麗人参

高麗人参はマカと並んで誰もが知る栄養素材ではないでしょうか。日本ではオタネニンジンや朝鮮人参とも呼ばれており、ウコギ科の薬用植物の根っこを乾燥させたものです。

中国東北部から商船半島にかけて自生しており、東洋では古来より滋養強壮剤として知られ、今ではサプリメントなどの健康食品によく使われています。

高麗人参にはサポニンが豊富に含まれており、肉体的にも精神的にも健康にパワーを発揮してくれます。

高麗人参とテストステロンの関係ですが、実はAGAはテストステロンが酵素の働きによってジヒドロテストステロンに変化することで発生するのですが、高麗人参の有用成分であるジンセノサイドRd・Ro・Rg3がこの酵素の作用を抑制する効果があると言われています。

つまり男性機能を向上するにはテストステロンの分泌量を増やす必要があるわけですが、AGAになる可能性も秘めているため、高麗人参も同時に摂取することが理想的というわけです。

これはあまり知られていないことですが、高麗人参には毛髪のもととなる毛ぼ細胞に発毛の命令を出す毛乳頭細胞の像力をサポートしてくれる働きがあります。

ただ体に良い成分を取ればいいわけじゃない!?

これまでお伝えしてきた通り、ただ必要な成分を接種すればいいというわけではありません。

私も今回調べてみて驚きましたが、一つの成分が目的とすることに有効に効くというかたわら、その他の部分においてリスクを伴うということに気付かされました。

それが具体的にはテストステロンの分泌量を増やすことばかり考えるとAGAのリスクを高めるということです。

ですが高麗人参を合せて摂取することでリスクを回避できるということで精力剤の購入を検討するなら、考えなければならない重要な点であると自覚させられました。

まとめ

ということで今回はゴーイングプラスの効果について私自身が興味を持って購入を検討していたので、当時の個人的に徹底して調べた時の内容をお伝えしてきました。

男性機能を高めるにはテストステロンという男性ホルモンの分泌を促すことが重要で、サプリメントなどの健康食品を選ぶ際もどのようにテストステロンに作用する成分かを知ることが大切です。

ただテストステロンはAGAのリスクもあるということで高麗人参と合せて接種できるのが理想的ということでゴーイングプラスは両方の効果を併せ持つ理想的なサプリメントと私は感じました。

ということで購入をご検討の方の参考になれば幸いです。